動画再生

SPECIAL MOVIE

はじめに INTRODUCTION

今回のJAPAN SENSESでは、メインビジュアルに、能×現代音楽アーティストの青木涼子氏を迎えました。削ぎ落とされた表現で観客の想像をうながす「能」という芸能には、四季折々の風物にさまざまな思いを重ねる、日本ならではの感性が表れているようです。スペシャルムービーでは、作曲家の小出稚子氏とともに、桜をモチーフにした能の演目「吉野天人」をアレンジ。あたかも桜の化身であるかのような「天人」に青木氏が扮し、華やかさと儚さを併せ持つ、桜の花の幽玄な美しさを表現しています。

「吉野天人」あらすじ STORY

都の者が、仲間を連れて吉野の桜を見に出かけます。吉野山の奥深くへと分け入った一行は、高貴な姿の女性に出会います。その女性とともに花見を楽しむ一行ですが、女性はいつまでも帰ろうとしません。不思議に思って尋ねると、女性は実は天人で、吉野の桜に引かれてやってきたのだと言います。そして、「今夜ここに留まって信心したなら、天人の舞をお見せしましょう」と言って、姿を消してしまいました。やがて夜になると、美しい音楽とともに、天人が現れます。天人は、桜の花に戯れて舞いを舞うと、雲に乗って消えてしまったのでした。

音楽について MUSIC

「吉野天人」の曲の後半、天人が現れる場面で、謡(うたい)の中に「琴」や「篳篥(ひちりき)」「鉦鼓(しょうご)」など、楽器の名前が登場する部分があります。作曲の小出氏は、ここからインスピレーションを受け、琴に似た「シトゥル(インドネシアの楽器)」や篳篥に似た「オーボエ」、鉦鼓に似た「サロン(インドネシアの楽器)」を使って作曲されました。また、天人が舞を披露する場面で謡の中に登場する、春風の描写を表現するため、風の音も印象的に使っています。

アーティスト ARTIST

青木涼子

Photo:Hiroaki Seo

能×現代音楽アーティスト

青木涼子RYOKO AOKI

BIOGRAPHY
CLOSE

東京藝術大学音楽学部邦楽科能楽専攻卒業(観世流シテ方専攻)。同大学院音楽研究科修士課程修了。ロンドン大学博士課程修了。博士号(Ph.D)取得。湯浅譲二、一柳慧、ペーテル・エトヴェシュ、細川俊夫など、世界の主要な作曲家と共同で、能と現代音楽の新たな試みを行っている。2010年より世界の作曲家に委嘱するシリーズNoh×Contemporary Musicを主催、2014年にはデビューアルバム「能×現代音楽」をリリース。世界各国の音楽祭に招待されパフォーマンスを行っている。世界的なオペラ・ハウスへの出演も果たしており、2013年、テアトロ・レアル王立劇場(スペイン)にオペラ《メキシコの征服》のマリンチェ役でデビュー。平成27年度文化庁文化交流使。あいちトリエンナーレ2016で、オペラ《秘密の閨》に主演。

WORKS
CLOSE

2013年
--
オペラ《メキシコの征服》
テアトロ・レアル王立劇場
作曲:ヴォルフガング・リーム
演出:ピエール・オーディ
マリンチェ役

2015年
--
《Nopera AOI葵》
作曲:馬場法子
衣装:山縣良和(writtenafterwards)
Hakuju Hall アート×アート×アート〈能×現代音楽×ファッション〉
Photo : Junichi Takahashi

2016年
--
ステファノ・ジェルヴァゾーニ「夜の響き、山の中より」
青木涼子、ディオティマ弦楽四重奏団
日伊国交150周年記念コンサート「Italy meets Noh 能×イタリア現代音楽」
イタリア文化会館 アニェッリホール
Photo : Hiroaki Seo

2016年
--
あいちトリエンナーレ2016パフォーミングアーツ 青木涼子「秘密の閨(ねや)」
作曲:オレリアン・デュモン
空間:田根剛
衣装:廣川玉枝(SOMA DESIGN)
Photo : Tatsuo Nambu

小出稚子

作曲家

小出稚子NORIKO KOIDE

BIOGRAPHY
CLOSE

東京音楽大学大学院修了。ロームミュージックファンデーション、文化庁、デンハーグ王立音楽院より助成を受け、アムステルダム音楽院、デン・ハーグ王立音楽院を修了。その後インドネシア政府および野村財団より助成を受け、インドネシア国立芸術大学スラカルタ校でジャワ・ガムランの演奏と理論を学ぶ。第17回芥川作曲賞、第76回日本音楽コンクール作曲部門第 2 位と聴衆賞、第 18 回出光音楽賞、アリオン賞、2016 年アジア作曲家ショーケース・ゲーテ賞ならびに聴衆賞等を受賞。作品は、国内外のオーケストラや国際音楽祭、テレビ番組等で演奏、紹介されている。さまざまな作曲スタイルを用いながらも、斬新なオーケストレーション、細やかな音形や特殊奏法などによって造られる音響のテクスチュアと色彩が、作風を特徴づけている。

シェア SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • Line